代表ごあいさつ

真吾.jpg

法人概要

名 称:株式会社 ESP VIRGIN

本 部:奈良県桜井市大福734-3

創業:2015年 9月3日​

​設立:2019年 8月8日

資本金:10,000,000円

取引銀行

南都銀行

​営業支部

 奈良営業所:奈良県天理市成願寺町208-1

​大阪営業所:大阪府吹田市豊津町41-10

東京営業所:東京都品川区港南1丁目6-33

主な事業内容

教材開発・企画・出版事業​​

グループ会社

一般財団法人 UNI H&H大学院

一般社団法人 ESP SAMURAI

株式会社 ハッピーマン

取締役

代表取締役 植田真吾

 取締役会長 木村幸男 

​取締役   笠野 史

執行役員

統括責任者 上田悠貴

​法務責任者 上田隆貴

​事務局長  植田祐太

​顧問

   特別顧問 和合治久 

特別顧問 ​内田芳一

​顧問   堤内杏奈

「習慣意識を変えるのは原子を壊すより難しい」

これは有名なアルベルト・アインシュタインの言葉です。

​一度形成された脳神経パターンを変えるのは至難の業でありますが、私たちのグループが研究開発したメソッドを駆使することにより、可能な時代に入ってきました。

私たちは一般財団法人 UNI H&H大学院で研究開発している快禅のメソッド、(呼吸法瞑想、運動エクササイズ、音楽療法、珪素療法など)を通して、日本の社会課題となっているコロナうつ、超高齢社会における認知症問題、ストレス過多による睡眠障害、糖尿病などの生活習慣病に困っておられる方々や病気になる前の未病改善から、病気になってからではなく、病気にならない健幸の生き方の気づきのお手伝いができる事業を無限に生み出していくという理念でESP VIRGINを設立いたしました。

生活習慣病は聖路加国際病院、名誉院長の日野原重明先生が提唱されて名付けられた名前で、ほとんどの病気は生活習慣が根本原因で習慣は意識であります。

意識が変われば、心が変わり、脳と体に良い影響をもたらすことが科学的に理解される時代にはいってきました。

私達、ESP VIRGINでは科学的根拠に基づいて、意識をどう変えていくのかの事業にフォーカスしています。

従来の考え方、発想にとらわれずに、多様性の考え方で世の中にないサービスを創造していくという理念で事業推進してまいりますので、ご指導、ご鞭撻の方、どうぞよろしくお願い致します。

代表取締役 植田真吾

​ESP VIRGINの会社名の由来

​ESP
超越純粋意識

​VIRGIN
​0から1を生み出す・未開の地の創造

ESPの名前は
Extrasensory of Perception (超感覚的知覚)からの由来で、現在は非認知能力やメタ認知と一般的には解釈されています。
ESPには顕在意識から純粋意識へ超越していくという意味が込められています。

VIRGINの名前は
イギリスの大手ヴァージングループの理念を基に会社名に込めています。

ヴァージンのリチャード・ブランソン会長の哲学は、自分という自我視点がなく、みんなと共に創造する、自分より優秀な人のお手伝いをさせていただくという考え方で世界で300もの企業を1代で築かれました。

注目すべきは、大量雇用・大量生産時代に​トップダウン式でなく、個が中心のビジネスモデルを構築されている点と、社会が良くなる事業ビジネスしか参入しない、誰もやっていない未開のビジネスしか参入しないという点で、私たちが最も共鳴したのは、儲かる儲からないではなく、自分が楽しいかどうかで意思決定されているということです。そのような純粋意識のリーダー哲学を学ばさせていただき、誰もやっていない事業を無限に生み出すという意味を込めてESP VIRGINと名付けました。

​京セラグループ創業者の稲盛会長が運営されていた盛和塾でも純粋意識、利他の経営を学ばさせていただきました。

私たちESP VIRGINは、サステナブルな世界、世界平和、純粋意識といった人類の共通価値を軸に、響き合いながら新しい社会を創造していく響創エコシステムの創造をビジョンとしています。